お店の前に展示する

旗

店舗の特徴などを伝えるためには、のぼり旗を活用するというのがお得な広告手段です。どういった効果があるのかというと、例えば店舗の近くに旗を展示すると、広告情報をお店の前を通り過ぎるお客さんの目に止まらせる効果などの効果があります。

詳しくはコチラ

情報誌の広告手段

広告スタンド

週刊誌や求人誌など、変動が早い情報誌を並べるためにはカタログスタンドを利用するというのが賢い選択です。何故ならカタログスタンドに並べることによって、消費者の目にとまりやすいので情報誌の広告手段として効果的だからです。

詳しくはコチラ

ピンポイントな広告

葉書き

企業と消費者のコミュニケーションを実現する広告がハガキDMです。ハガキによるDMをおこなうのであれば、どういった情報を記載するのかをしっかりと考えることが大切です。

詳しくはコチラ

広告手段に関して

フライヤー

企業の広告媒体として折り込みチラシなどが有効的だと言われています。その理由はいくつか挙げることが可能です。まず低予算だという点が広告として有効な理由だと言えるでしょう。何故折り込みチラシは予算があまりかからないのかというと、チラシを配布するエリアをある程度自由に選べるからだと言われています。場所を自由に選べるということは、企業が販売する商品の需要が高そうな地域に限定して折り込みチラシを配布するというのも可能だということなのです。需要が見込める地域にだけ配布すればよいので発行部数を抑えられます。そのため、折り込みチラシは格安で行える広告手段として、商品を取り扱っている企業などから人気があるのです。

折り込みチラシによる広告を実現するためにはチラシ印刷をする必要があります。印刷する機材やノウハウを社内で確保しているのであれば自分達で行なうのも良いでしょう。しかしそうでない場合には、チラシ印刷作業を請け負ってくれる業者を見つけて依頼することになるかと思われます。チラシ印刷業者といっても日本中には沢山存在します。それらの業者の中から自社にとって有益なサービスを提供してくれる所を選びましょう。選ぶポイントとして格安でチラシ印刷を行なってくれるかどうかというのがあります。格安で印刷してくれるか否かというのは、企業が展開しているホームページを閲覧することである程度把握できるかと思われます。そのためできるだけ費用を抑えてチラシ印刷を行ないたい企業は、まず業者のホームページ等からある程度情報を集めておくと良いでしょう。