ピンポイントな広告

葉書き

広告手段としてDMを活用する企業が最近増えつつあると言われています。何故かと言うとDM利用することによって、お客様に対してピンポイントな宣伝が実現できるからです。例えば、企業の提供するサービスを利用したお客様にだけ、キャンペーン情報や新着商品の情報を伝えるなども可能です。DMと一口にいってもメールやハガキなど、それら以外にも色々な種類があります。その中でも最近はオフラインでの宣伝が行えるハガキDMが人気を増しつつあります。

ハガキDMを利用することの利点は、まず手元に物質として残るという点が挙げられます。メールだと一度既読したことによって全て読んだ気になる、または貼り付けてあるリンクに飛ぶのが面倒だと思われてしまう場合が多いのです。しかし、ハガキDMであれば手元に残るので、入手した時に必ず見なくても暇な時に閲覧するということが容易にできるのです。

ハガキDMによって広告を行なうならば、まず圧着タイプにするのか普通タイプにするのかを選択することになるかと思われます。圧着タイプのハガキというのは、専用の接着剤などを使用して表面を接着して折りたたまれたものです。このハガキのメリットは、普通のハガキよりも多くの紙面を活用できるので多くの情報を消費者への情報伝達が実現するという点です。また、紙面が圧着されているので、記載情報の気密性が保たれるという点もメリットだと言えるでしょう。そして普通タイプのハガキは、他に比べて安価で広告情報の記載パターンが豊富だという点がメリットです。